2013年10月19日

エドガー特集3

◆ハーレムにかかる月
子持ちの女史が再婚したなれば、相手は札付きのワルで、やがて暗黒街のボスとなったなれど、女史の娘となかよしのヤングが若い力の会を立ち上げ、どうにかなるちゅう設定ですぞ。
アメリカじゃいろんな人種がおるもんで、それぞれの部落向けの映画がこしらえられとって、この映画は黒人向けの映画とのことですぞ。
国が違うといろんな上映スタイルがあるんですなあ。

◆黒猫
おっさんが旅の道中に若夫婦となかよしになり、車がどうにかなったもんで一緒におっさんの訪問先に行ったなれば、家主のブルジョワおやじが夫婦を見てウホッとなり、どうにかなるちゅう設定ですぞ
彫りの深いおっさんと山奥に建つ未来建築が、筆舌に尽くし難いマッチングですなあ。

http://www.cinemavera.com/
posted by k.510 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画とか | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

エドガー特集2

◆青ひげ
パリで女子がよく死んどるもんでポリが不思議に思っとったら、死んだ女子ばっか描いとる絵があったもんで作者を見つけましょうよとなり、ガポリマネーと女子を囮に画家をおびき出して、どうにかなるちゅう設定ですぞ。
なかなか濃い演出が魅力のひとつですぞ。

◆グレイト・フラマリオン
ピストル曲芸で生計立てとるおっさんが、助手の女史から旦那を殺してなかよしになりましょうよと誘われてすっかりウハウハし、旦那を殺して約束の場所で待っとったなれど女史は現れんもんで悔しくなり、どうにかするちゅう設定ですぞ。
無骨なおっさんのウキウキしながら女史を待つ姿が哀愁ですぞ。

http://www.cinemavera.com/
posted by k.510 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画とか | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

エドガー特集1

◆キャット・ピープル
家畜の絵を描いとるおっさんが女子と仲良しになったなれど、女子は家畜に変身する体質だもんでおっさんと距離を置いて付き合っとったら、おっさんが知らん女子となかよくしとって悔しくなり、どうにかなるちゅう設定ですぞ。
ヘンテコな設定なれど、暗い感じのスリルが価値ですぞ。

◆恐怖のまわり道
ヘボいおっさんがヒッチハイクしとったら運転手がげふっとなったもんで、死体を捨てて運転手になりすましとったら、ツッパリ女史が乗ってきて弱味を握られ、女史に言われるがまま働かされて、どうにかなるちゅう設定ですぞ。
いろいろと工夫が見られて愉快でしたぞ。

http://www.cinemavera.com/
posted by k.510 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画とか | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

チャイコフのそれ

すなわち近所でやっとった無料音楽会に繰り出してみたのです。
今回はチャイコフおじさんに造詣の深い人によるそれですぞ。

音大教授による解説を交えつつのヴァイオリンとチェロとピヤノによる演奏会で、無料コンサートとしては余りに豪華なそれでしたぞ。

チャイコフおじさんはどうやら、詩とか感情などのようなそれを音楽で表眼しがちの人材らしいですぞ。

http://www.sengawa-gekijo.jp/kouen/10018.html
posted by k.510 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽とか | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

東映優待

◆キャプテンハーロック
宇宙開拓に疲れた人類なれど地球に戻るには人口が増えすぎとるもんで殺し合ってお茶濁しとったら、ドクロのおっさんが出てきたもんで殺しましょうよとなり、しかしドクロのおっさんは宇宙を再生さすべく働いとって、どうにかなるちゅう設定ですぞ。
300円で3D作品が見られるとは、株主優待券は素晴らしいですなあ。

http://harlock-movie.com/
posted by k.510 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画とか | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

バイオリンのそれ

すなわち近所でやっとった無料音楽会に繰り出してみたのです。
今回はヴァイオリンのえらい人によるそれですぞ。

近所の音大を主席卒業された人材とのことで、難曲もそつなくこなす格好良さですぞ。
ちゅーか難曲がそつなくこなせるわけはないんですけれども、苦労して練習しとることを感じさせない演奏に名プレーヤー足るそれを感じた次第です。

ちゅーかむしろ、観客の中にいつもブラボーを叫ぶおばちゃんがおるんですけれども、演奏よりも派手なパフォーマンスを喜んどる傾向があり、かつてピヤニストのリストを取り巻いとった貴族のおばちゃん達もこんな感じだったのかな〜などのように、げっそりした気持ちにとらわれるのです。

http://www.sengawa-gekijo.jp/kouen/09948.html
posted by k.510 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽とか | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

ホラーナイツ

◆ハロウィン2
家族を殺すのが趣味のヤングが精神病院から脱走し、医者に撃たれたなれどまだ生きとって、妹が入院しとる病院で人など殺して、どうにかなるちゅう設定ですぞ。
殺人鬼がなぜ不死身なのか、説明する気は特にないらしいですぞ。

◆デビルズゾーン
なかよしヤングが旅しとったら車が故障して近所のおっさんの家に泊まる運びとなり、電話がないもんで近くの屋敷を訪ねたらメンバーは三々五々殺され、どうにかなるちゅう設定ですぞ。
人形が出てくれば映画はたいてい怖くなるのです。

◆キャッスルフリーク
城の地下でオバァにリンチされながら育ったヤングが、オバァ亡きあと引越してきた家族の女子にホの字となり、さらって逃げたなれど、夫婦関係がぎくしゃくしとるオヤジの予想以上の働きにより、どうにかなるちゅう設定ですぞ。
ラヴクラフトの『アウトサイダー』が原案とのことですが、それほど似た話でもないですぞ。

◆ローズマリー
恋人に振られて悔しくなった兵士の怨念が現代に復活して、学生のなかよしパーティーで次々に人が殺されたなれど、保安官は出張中で、女子が追いつめられて、どうにかなるちゅう設定ですぞ。
犯人の動機とか複線とか、深く考えなくていいらしいですぞ。

http://www.shin-bungeiza.com/
posted by k.510 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画とか | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

日活特集1

◆黄金の野郎ども
港湾工事の入札をヘボい組に横取りされたガポリ組長が下っ端に落とし前つけてこいとなり、ヘボ組をどうにかしたなれどガポリ組長はワシ知らんとなり、悔しくなった下っ端が組長をどうにかしたなれば、その後ヘボ組が君臨し始めたもんで、どうにかするちゅう設定ですぞ。
さわやか好青年の石原おじさんもヤクザ役でご活躍ですぞ。

◆警察日記 ブタ箱は満員
署長は村長とウハウハやっとるなれど、村のポリは秩序を維持すべく東奔西走しとったら、なかよしの女子がオヤジの借金で身売りの事態となったもんでオヤジをビンタしてなんとかしたら、署長も実は行政機関の不正を探っとって、どうにかなるちゅう設定ですぞ。
このシリーズはなにげに出来がいいですなあ。

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/nikkatsu-rare/
posted by k.510 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画とか | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

東映優待

◆パシフィック・リム
海から怪獣が出てきてアワアワしとった人類なれど、友情パワーで動くロボを開発してフィーバー気味となり、しかし更に強いのが出てきたもんで、かつて操縦の相方を亡くしてしょんぼりしとる凄腕のおっさんを呼んできて決戦を挑み、どうにかなるちゅう設定ですぞ。
久しぶりにこういうCGバリバリのロードショー映画をみましたなあ。
たまに見る分には悪くないですなあ。

http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim/
posted by k.510 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画とか | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

佐藤特集4

◆みな殺しの霊歌
なかよしのクリーニングのバイトが自殺してくやしくなったおっさんが、原因はブルジョワマダムのエロスパーティーにあると踏んで、ホの字の女子の忠告を振り切ってパーティーにおった女史を殺しとったら、どうにかなるちゅう設定ですぞ。
いい感じに乾いた空気の作ですなあ。

◆あゝ陸軍 隼戦闘隊
飛行学校の教官に優秀な教え子が2人おったなれど、国籍の違う2人は戦争で殺し合い、教官も敵国の教え子を撃ち落としてしょんぼりしとったら、隊に最新鋭機が配属されたもんでバリバリやっとったなれば、どうにかなるちゅう設定ですぞ。
コイツは頼りがいあるおっさんですぞ。

◆青島要塞爆撃命令
ドイツ軍が青島にガポリ要塞をこしらえたもんで、日本兵諸君でブッ潰しましょうよとなり、敵地に進入してつかまるも吊り橋を切り落として逃げ延び、でかい手作り飛行機模型で予行練習して本番に望み、どうにかなるちゅう設定ですぞ。
なんにせよスケールのでかい活劇ですぞ。

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/satoumakoto/

ちゅーかむしろ、今回の佐藤おじさん特集などは、入場券の絵柄が何種類もある特殊な趣向で、社運を賭けた劇場の意気込みを感じましたぞ。
posted by k.510 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画とか | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。